スエードのお手入れは定期的に行う

スエードの靴は光沢や色合いに味があり、素敵ですよね。

しかしながら革製品ですから、お手入れをろくにしない状態で靴箱にしまっておくと、色落ちしてしまったり、毛羽立ってしまいます。

そしてダメージがついてしまった革製品は自分でなんとかするのが難しいので、泣く泣く処分をする事になっていませんか?

スエードの靴が汚れたら

例えばバックや財布と比べても、靴の方が汚れやすい状況なのは分かりますよね。
地面に近い場所で履くため、雨に濡れたり、泥が跳ねてしまってシミになってしまう場合もあるでしょう。
自分で出来るお手入れ方法としては、スエードの専用ブラシで汚れや埃を落として下さい。
そしてスエードの靴は革が柔らかいため型崩れがしやすいので、シューズキーパーで形を整えましょう。
またブラッシングをした後は、忘れずん、防水スプレーをかけておきましょう。

自分でやらずに専門家に頼む

まず革製品に関しては、自分で修理せずに、専門家に全て任せてしまいましょう。
自分でなんとかしようと思っても、スプレーでは色むらが出来てしまったり、シミの原因になるだけです。
丁寧にリキッドを塗り、乾いたらブラッシングをして、また重ね塗りをしていく。
そんなふうに専門家は高度な技術と時間をかけてスエードを修復させてくれるでしょう。

定期的にメンテナンスをしよう

そもそも革製品は、状態がひどくなってから慌てて修理に出すよりも、季節の変わり目にメンテナンスを行いましょう。
例えば靴ってクリーニングが出来るって知っていますか?
もちろん洋服のクリーニング店ではなく、靴専門のクリーニング店です。
そこでは水洗いではなく、特別な洗浄方法で、まるで新品のように綺麗な状態を取り戻す事が出来ます。
クリーニング代はかかりますが、スエードの靴を何度も買いなおす事を考えると、メンテナンスをしながら大切に履く方がずっとお得だと言えるでしょう。

専門家に修理してもらう

ただし、スエードの靴に関しては、素人では汚れをブラッシングで落とす事、形を整える事、防水スプレーをかける事。
それぐらいしかする事が出来ません。
目立つシミや黒ずみに対して、下手に消そうとし革そのものを傷めてしまうよりも、専門家である靴屋さんに修理を依頼しましょう。
靴を修理してもらう事で、新品のようによみがえるケースもあるので、もう履けないと諦める前に修理に出してみましょう。