きちんとしたお手入れで蘇るスエード

汚れてしまった場合

スエードと言えば、水に弱い性質があります。そのため水に濡れないように注意しますよね。
しかし水に濡れなくても、何度も使っているうちに起毛の間に汚れが溜まってしまったりします。
当然水に弱いので、汚れても洗濯をする事が出来ません。

では汚れた場合のお手入れ方法は、まずスエード専用のブラシを用意して下さい。
そして起毛を逆立てるようにブラッシングをした後に、今度は毛並みを整えるようにブラッシングして下さい。
そして表面の汚れには消しゴムクリーナーを使うと汚れは目立たなくなります。

水に濡れてしまった場合

まず水に極力濡れないようし、湿気が少ないところで保管する事が基本です。
しかし急に雨が降り出す事もありますし、ペットボトルのミネラルウォーターをうっかり零してしまうなんて事もあります。
そのため予防策として防水スプレーをかけておくようにして下さい。
また急いで乾いた布で水分を拭き取って下さい。
そして低温の弱風に設定して、ドライヤーで乾かすようにして下さい。
応急措置をするのと、しないのとでは、その後の状態が大きく変わりますから、なるべく被害は最小限に抑えるようにしましょう。